普通切手の価値

切手買取はよほどの知識や興味が無いとどれくらいの価値があるのか分からないと思いますが、家に無造作に置かれている切手があったので何となく査定を付けてみると数万円という査定額が表示されることもあります。
 
しかし、一般的に流通していて入手することができる切手になってくると高い査定額が提示される可能性も大幅に小さくなりますが、それもそのはずで正規の金額で購入できるものに対して余分にお金を支払う人はいません。
 
また、切手買取はいわばプレミア度や希少度がプラスでお金になったようなものなので、いつでも購入することができる物に対してのプレミア度や希少度はほとんどなく、買取に販売されているくらいの金額に留まります。
 
ただし、普通切手のすべてに付加価値が全くつかないというわけではなく、コアなコレクターになってくると消印なども価値を決めてくる要素になってくるため、場合によっては通常に取引されている金額より高値が付くような場合もあります。
 
切手が元々好きな人であれば希少価値なども多少は分かると思いますが、最近の若い世代の人はコレクトされていた時代があったことすらも知らないので、親から引き継いだ希少価値の高い切手が無造作に収納されている可能性も十分にあります。
 
どちらにしても住宅からあまり見慣れない切手が出てきた場合は買取を依頼するかどうかということだけではなく、どれくらいの価値があるのか調べてもらうことをおすすめします。




このページの先頭へ