切手買取の歴史

古い切手
葉書や封筒などに使用される切手を見て子供ながらにさまざまな模様やデザインがあって面白いなと感じたことがある人も少なくないと思います。
 
きっかけは人によって様々でもちょっとした興味からコレクターになるという人も多くいて最近では昔の切手がより希少性を増していることもあって高額な金額で取引がされているようなこともあります。
 
切手は19世紀後半頃から日本や世界で流通を始めるようになりましたが、日本では今のようにお金の流通がしっかりとしていたわけではなかったので、明治ではなく江戸時代に流通していた通貨が元になり額面表示されていました。
 
20世紀の中頃には既に切手の魅力に魅了されてコレクトする人がいたと言われていましたが、この頃は収集することがメインの目的になっており切手買取をしてもらって現金化するというような感覚を持つ人はそこまで多くありませんでした。
 
また、古い切手ほどコレクターの心を激しく揺さぶることもあって現代においては古い切手になるほど高値が付く傾向にありますが、インターネットが普及して便利に取引をすることができるようになってからはコレクトする時代と平行して切手買取を盛んに行う時代へと変遷しました。
 
切手買取に対しての知識が十分にある場合は取引をしようとするものにどれくらいの価値があるかおおよそ分かると思いますが、身内の遺品整理などをしていて出てきた切手に対して知識がない場合は査定を受けて仰天する額を提示されることもあります。




このページの先頭へ