切手買取におけるトラブル

悩む女性
切手買取のトラブルで多いのは大量の枚数を取引する際に一部が紛失してしまったというケースや査定額にすべての枚数が反映されてなかった場合などで、切手買取をしてもらう切手の数が増えれば増えるほどトラブルリスクは高まってくるため、取引にはより慎重さが求められるようになります。
 
どうすればトラブルを回避することができるのか、というのがポイントになってきますが、やはり査定を受ける場合はきちんとこちら側で仕分けをしておくというのが大切です。
 
仕分けをしておくことによって業者側の手間を軽減させることができるというメリットだけでなく、こちら側もきちんと何枚切手があるのか把握しているということをアピールする効果もあります。
 
また、仕分けをする場合はきちんと枚数もポストイットなどに書いておくことが大切で、査定を受ける前は必ず枚数を確認してもらってから進めてもらうようにしましょう。
 
次に多いトラブルに手数料が余分にかかるというトラブルがありますが、大抵のところは切手買取査定を無料にしているところが多くなっていますが、これはあくまで商談が成立した場合の話しであり、意外とキャンセルをする際に料金を請求してくるところは少なくありません。
 
本人にとっては寝耳に水かもしれませんが、後から見ると見積もりや契約書にきちんと記載されている場合がほとんどなので、必ず契約や見積もりを受ける前にはどれくらいの手数料が必要か確認しておくようにしましょう。




このページの先頭へ