切手の価値を知る

古い切手
切手のコレクターはたくさんいますが、あまりにも種類が多いためどの種類がどれくらいの査定額になるのか把握しにくいという難点があり、何となく査定を受けて提示された査定額に驚くことも少なくありません。
 
昔、何となくブームだったので切手を集めていたという人も中に入るかもしれませんが、宝の持ち腐れ状態になっていることもあるので、将来的に再びコレクトする意志がない場合は早めに査定を受けることをおすすめします。
 
しかし、切手買取業者に依頼をして査定を受けたものの提示される金額が極端に低いと恥ずかしいという理由から積極的に査定を受けることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、大まかな価値というのはインターネットで調べることもできます。
 
比較的流通が多いものだとネットオークションでも随時出品されている状態だと思うので、ここで取引されている金額を調べることによって大まかな価値というのは見えてくると思います。
 
また、切手カタログと呼ばれる本もありこれを見ることによって大抵の切手の価値を知ることができるので、買取してもらいたい切手の情報を事前に収集することも可能です。
 
ただし、切手の価値というのは需要や供給のバランスで非常に動きやすいという特徴があるため、新しい情報を参考にしないと思ったよりも高値で売れないようなことがあります。
 
また、業者を通しての切手買取になる場合は例外なくマージンが必要となるので、相場よりも低い金額での取引になります。




このページの先頭へ