切手の価値は変動する

古い切手
切手の価値は需要と供給で成り立っているため、いくら希少価値が高いと言われているものであっても、タイミングを間違えてしまうとあまり高値で取引ができないこともあります。
 
ただし、切手というのは保存に優れているというメリットもあることから、極端に需要と供給のバランスが崩れるということはなく、せどりをしている人もたくさんいるので割と安定していることも多いのが特徴です。
 
どちらかというと切手の価値が変動するというよりは取り扱いをしている切手買取業者の中で価値が変わるという表現の方が正しく、ある切手買取業者だと高値査定が提示されたのにもう一つの候補となる業者だと安値査定になってしまうようなことも十分に考えられます。
 
損をしないためには最も高値で買取してくれるところをピンポイントに探すという方法がベストな方法にはなってきますが、最近はネットで簡単に査定を受けることもできるようになっているため便利に相場を知ることも可能になっています。
 
また、金券ショップなどのホームページには切手買取における相場が提示されていることも多いので、これを利用することによってこれくらいの金額で取引がしたいという大まかな目標設定をすることも可能です。
 
ただし、業者の場合は中間に手数料が必要になるということを考えると最も高値で取引することができるのは個人的な取引であり、その中でもコミュニティなどを通した直接的な取引は高値になることが期待されます。




このページの先頭へ