個人で買い手を探す

パソコンを使う女性のイラスト
今も昔も切手のコアなコレクターはたくさんいますが、昔に比べると昔の切手の希少価値が高まっていることもあって、単にコレクトするのではなくコレクトしてきたアイテムを積極的に売却目指すような人も増加しており切手買取の世界はどんどん加熱をしています。
 
それに呼応する形で次々と切手買取専門業者も増加することになりましたが、業者と取引をする場合は手数料が必要になるということを考えると、少しでも高値で取引をしたいなら業者を通さない取引がベストになります。
 
個人的に切手買取の相手を探す方法としてはネットオークションが一般的な方法として知られていますが、毎月の手数料が数百円とは言っても数カ月単位の出品になってくると数千円の手数料が必要になるので、最初から業者に依頼しておいた方がよかったということにもなります。
 
最も高く売却できる方法を考えた場合に個人で取引をするという方法が一番で、この方法だと業者に対して支払う中間マージンも必要なければ、オークションをする場合のようにシステム手数料もかかりません。
 
問題はどうやってピンポイントに取引してくれる人を探すかということですが、最近だと切手が好きな人だけが集まるようなコミュニティや掲示板などもネット上には多くあるので、このような場所に参加して欲しい人がいないか募ることです。
 
また、自分で切手好きな場合はこうした場で欲しかった切手を売ってくれる人が見つかる場合もあります。




このページの先頭へ