保存状態について

ファイルに入れてある切手
実家で掃除をしていると丁寧に集められた切手シートが見つかることもありますが、今は亡き親が集めていたものであったり、兄弟が集めていたものであったり、少なくともきれいな状態で残っていた場合は誰かが大事にコレクトしていたことが分かります。
 
しかし、全く持って切手に興味が無い人からするときれいにコレクトされているからと言っても必要性が無いので、処分に困るというケースもあるかもしれません。
 
捨ててしまうのは勿体ないので、まずはどれくらいの価値があるのかどうかということをネットを利用して調べることをおすすめします。
 
その時に該当する切手が高値で買取されているのであれば、それくらいの金額で切手買取をしてもらえる可能性があるということに繋がってきますが、全く同じ条件であっても保存状態によって査定額に大きな差が出ることもあります。
 
もちろん、コレクトする側からすると少しでも条件や保存状態の良いものに限ると思いますが、保存状態が悪い場合は希少価値が高いものであっても切手買取において高値で取引ができないこともあります。
 
そのため、保管をする場合は将来的に切手買取を依頼することがあるかもしれないということを考えて丁寧な保管にする必要がありますが、専用のファイルもたくさん販売されているのでこれらを視野に入れることもおすすめします。
 
また、業者に引き取りをしてもらえない状態であっても個人的に売買する方法もあるので処分しないで他の方法を検討しましょう。




このページの先頭へ